チャトレとキャバお仕事比較

チャットレディとキャバクラを比べてみた

チャットレディとキャバクラのお給料は、キャバクラの方が安定していると言えるでしょう。
キャバクラのお仕事は、働いた分の時給にプラスでドリンクバック、同伴、アフターのバックが発生します。
自分でお客さんを呼ぶことができなくても他の女の子のヘルプにつくこともあり、とりあえず出勤していれば、何かしらお給料は発生します。
お店が暇だと早上がりをさせられることもありますが・・・。

チャットレディは、ログインの時間が長くてもお客さんとやりとりをしなければ、報酬が発生しません。
そのため、キャバクラよりも安定して稼ぐことは難しいのです。

チャットレディの金銭的なメリットは、キャバクラと違いお店に持って行かれるお金がないというところです。
キャバクラで働くと、ドレス代やヘアセット代はお給料から天引きのシステムを採用しているお店が多く、一生懸命働いたのに予想より給料が少ないということがよくあります。
チャットレディは働いた分だけ、そのまま自分のお給料になります。
お仕事を始めるのもスマホがあればOKで服装も自由でコストがかからないところが魅力です。

キャバクラは、専業キャバ嬢、兼業キャバ嬢など働き方はさまざまです。
お店のレベルはピン切りなので、自由に働くことも可能です。
しかしながらキャバクラは一度シフトを出し、欠勤をすると罰金をとられるお店も多く注意が必要です。
また、キャバクラはノルマを導入しているお店も多く、お客さんを呼べないキャストはシフトがどんどん削られていくのです。

チャットレディなら、シフトを出すことがそもそもありません。
「今日は体調が悪いからお休みしよう」
「予定があるからお仕事の時間をずらそう」というのも全て自分で決めてOKです。
自由度に関してはチャットレディの圧倒的勝利です。

キャバクラの辛いところは、主に自分の時間がなくなるところ、お酒を飲まないといけないところでしょう。
キャバクラは、オフの日でもお客さんからのラインの対応、同伴やアフターに行くこともあります。
プライベートの時間がないというのが一番つらいところでしょう。稼ぐためには飲んでドリンクバックを作らないといけないので、身体的にもボロボロになってしまいます。

チャットレディの辛いところは、稼ぐためにはアダルト要素が求められるところでしょう。
画面越しにしゃべるだけの簡単な仕事と思われることが多いですが、実際やっていることは風俗に近いのです。
「エッチなことをしないといけないなんて知らなかった」という方はチャットレディの理想と現実を目の当たりにして辞めていくことが多いです。

Copyright(c) 2018 チャットレディとキャバ、風俗メリット比較!自分に合う仕事を探そう! All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com