チャトレと風俗の仕事比較

チャットレディと風俗を比べてみた

風俗とチャットレディのお給料は、風俗が圧倒的に高いと言えるでしょう。
風俗といってもさまざまな種類があります。
メンズエステ、ピンサロ、デリヘル、ソープなど。

風俗はお客さんについた分だけお給料がもらえる歩合制を採用しているお店がほとんどです。
お店によっては待機分の最低保証があるところもあります。
実際に男性を奉仕するお仕事ですので、チャットレディよりもお給料が高いのはあたり前です。

風俗は、シフトの提出が週ごとというところも多いです。
キャバクラのように罰金が発生するということも比較的少ないです。
それには風俗は身体を使うお仕事だからという理由があります。
性行為を行なうサービスですので、生理の日は休むことができます。
風邪をひいたなど体調が悪い日に無理に出勤をしても、男性にうつしてしまう可能性があります。
そういった点から、風俗では急な欠勤に関しても許される風潮があります。
連続欠勤をするとさすがに注意されることもあるので注意。

チャットレディはそもそもシフトの提出がありません。
在宅チャットレディの場合、ネットが繋がる環境ならどこでも仕事ができるという点も踏まえると、自由度はチャットレディが勝ります。

風俗の辛いところは実際に男性に触れないといけないというところです。
顔見知りの可能性がある男性に関しては、事前チェックでお断りすることはできるものの、女性が接客前に男性を選ぶということはできません。
(接客後NGにすることは可能)
どんな男性相手でもキスや性行為を行なわないといけないというのが一番つらいところでしょう。

チャットレディと風俗は、仕事内容は似ていますが、会うか会わないかという大きな違いがあります。
同じアダルト行為を行なうにしても、チャットレディはあくまで画面越しのため、男性に触れられることは一切ありません。
しかし、チャットレディにはテレビ通話でアダルト行為をした際に動画で保存されてネット上にアップされる危険性があります。
身バレ防止に努めるのが重要です。

Copyright(c) 2018 チャットレディとキャバ、風俗メリット比較!自分に合う仕事を探そう! All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com